ふるさと納税の裏ワザ4つ!高還元率ポイントサイトや寄付のお得な時期など

実質2000円で全国の様々な返礼品がもらえるふるさと納税は、とってもお得!

でも、実はそのふるさと納税をもっとお得に使う方法があるんです。

この記事では、ふるさとチョイスやさとふるなどのふるさと納税サイト公式ページを見ても載っていない、ふるさと納税の裏技や、寄付を申し込むのにお得な時期を紹介するので、「1番お得にふるさと納税したい」というかたは要チェックです。

ふるさと納税をもっとお得にする裏ワザ/節約技【2019年最新版】

2019年現在も使えるふるさと納税の裏技を紹介します。

 

ポイントサイト経由でふるさと納税すると、最大で寄付の2%分のポイントがもらえる!

実は、ポイントサイトを経由してふるさと納税をすると、寄付額に応じたポイントがもらえるんです。

もらえるポイントの相場は0.5~2%程度ですが、ふるさと納税の寄付はそもそも数万円以上になることが多いので、数%でも十分大きいポイントがもらえます。

たとえば10万円の寄付で2%のポイントなら、2000円分のポイントがもらえます。

そしてこのポイントサイトのポイントは、各ふるさと納税サイトのポイントと2重取りOK!

  • ポイントサイトで1000円分のポイントGET
  • さとふるでAmazonギフト券GET

ってこともできちゃうんです。

大手ポイントサイト6社を経由してふるさと納税した場合にもらえるポイントを下にまとめておきますので、比較して、1番お得なところを利用してみてください。

■寄付でもらえるポイント比較

楽天さとふるふるなびふるさとチョイス
ハピタス1%1.8%0.6%
げん玉1.5%0.5%
モッピー1%2%0.5%
ポイントインカム1%2%0.7%
Colleee1%
お財布.com1%2%1%

 

ふるさと納税でもらえるポイントで比較すると、1番お得なのはお財布.comです。ただ、ふるさと納税以外も含めた利用できるサービスの豊富さですとモッピーがおすすめです。

  • ふるさと納税のみの利用か
  • ほかのサービスでもポイントサイトを利用するのか

を考えてどちらを選ぶのか決めてみてください。

 

 

楽天ポイントやAmazonギフト券が欲しい人は、キャンペーン実施確率の高いお得な時期(年末/GWなど)が狙い目!

ふるさと納税のキャンペーンが手厚くなるのは、寄付が増える

  • 年末
  • GW
  • お盆

といったイベントの時期です。特に年末は寄付が集中するので、「自分のサイト経由で寄付してほしい」というふるさと納税サイト各社は、かなり手厚いキャンペーンを実施します。

たとえば2018年の年末、さとふるふるなびは、『Amazonギフト券を最大10%還元』などを行っていました。

ただ、6月の総務省による規制で、大幅な還元はできなくなったので、2018年規模の還元は2019年は難しいと思います。

 

また、楽天のふるさと納税は定期的に

  • お買い物マラソン
  • ポイント5倍デー(0か5のつく日)

を開催していますので、楽天のふるさと納税経由で寄付をする予定のかたは、この2つのキャンペーンが重なっている、『お買い物マラソン期間中で0か5がつく日』を狙うのが1番お得です。

楽天スーパーセールでポイントが量が増えているものを探す時は

で検索すると見つけやすいのでおすすめです。

 

楽天カードなどのクレジットカードでふるさと納税をすると、寄付でもポイントが貯まる!

クレジットカードを利用してふるさと納税をすることはご存知のかたも多いかと思います。

ただ、まだ郵便振替で寄付をしている人がいるのも事実。はっきり言いますと、郵便振替での寄付は損です。

クレジットカードを利用するだけで寄付の何%かは、ポイントとして還元されるんです。たとえばリクルートカードだと1.2%、楽天カードだと1%。

手間も減るので、まだ利用していないかたはぜひクレジットカードでのふるさと納税を検討してください。

特に楽天カードだと、楽天のふるさと納税の寄付に対するポイント還元が+2%されますので、楽天のふるさと納税を利用しようかと考えているかたは、事前に作っておくのがおすすめです。

 

送付先を変更して、父・母の分もふるさと納税を利用!

ふるさと納税は、

  • 寄付をする人
  • 返礼品を受けとる人

を別々に設定することができます。

このため、「ふるさと納税?なにそれ?」と思って、これまで利用していない人の枠を使って、自分の家に返礼品を送ってもらう、ということもできます。

お盆やGW、年末などで実家に帰った際に、お父さん、お母さんやおじいさん、おばあさんと相談してふるさと納税を利用してもらえば、自分の枠だけじゃなく、家族全員分の枠をフルに使って返礼品をもらうことができます。

ワンストップ特例が使えないと手続きがめんどくさくなるので、他の人にふるさと納税を利用してもらう場合は、『寄付先の自治体数を5以下』にするのがおすすめです。

6以上になるとワンストップ特例が使えなくなり、確定申告をしないといけなくなりますので。

 

ふるさと納税をもっとお得にする裏ワザ/節約技まとめ

ふるさと納税は、
  • モッピーお財布.comなどのポイントサイト経由
  • 楽天のお買い物マラソンなどのキャンペーン時
  • 家族の枠も全部使って
  • クレジットカード

寄付するのが1番お得です。

「全部やるのはめんどくさい」という人も、手軽なものを選んでやってみてください。

せっかくふるさと納税をするなら、これらの裏ワザを使わないのは損なので。

 

 

※まだふるさと納税に残っている金券・商品券などは以下をどうぞ。

11/6_還元率50%復活!ふるさと納税の金券/商品券/Amazonギフト券/旅行券一覧
【2019年11月】まだふるさと納税に残っている商品券やギフト券を調査!『現在も残っている金券・商品券の還元率ランキング』『なくなった金券・商品券を入手する裏技』を紹介します。Amazonギフト券や日本旅行ギフトカード、クオカードが欲しい方は要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました