ふるさとチョイスをお得に!公式/非公式のポイント還元キャンペーン一覧~11月最新版

ふるさとチョイスは、ふるさと納税サイトの中で参加自治体がもっとも多いサイトです。このため、返礼品の掲載数も1位。とても豊富です。

ただ、そんなふるさとチョイスにも弱点があります。それは、総務省の方針に忠実すぎることです。

総務省の方針に忠実なので、

  • 還元率規制⇒寄付額に応じたポイント/Amazonギフト券のキャッシュバックなし(※)
  • 資産性の高い返礼品の規制⇒家電・電化製品の取り扱いが少ない

というデメリットがあります。

同じ大手の楽天のふるさと納税や家電・電化製品に強いふるなびが高還元率のキャッシュバックをしているだけに、同じ返礼品を選ぶ場合、ふるさとチョイス経由のふるさと納税は損というのは残念なところ……。

ただ、ふるさとチョイスでも、少し工夫すると、ポイントのキャッシュバックをもらうことができます(たとえば過去には、ファミマTカードを使うと20000円ごとに500ポイントプレゼントというキャンペーンもありました)。

提携先では紹介されていても、ふるさとチョイス公式サイトに記載がないキャンペーン、実は多いんです。

あなたも、この記事を読んでお得にふるさとチョイスを利用してください!

【2019年11月最新版】ふるさとチョイス公式サイトで開催中のキャンペーン

現在、ふるさとチョイス公式サイトで開催中のキャンペーン一覧です。

『お正月をもっと楽しめる逸品』プレゼントキャンペーン

米沢牛ローストビーフ300g・室戸産活冷伊勢海老2~3尾・男鹿沖産紅ズワイガニ800g前後などが抽選で200名に当たります(12/2まで)。

>>詳細

 

「箱根」「熱海」5万円分宿泊券とJTB豪華ギフトプレゼントキャンペーン

「箱根」「熱海」の5万円分の宿泊補助券、JTBえらべるギフトたびもの撰華「柊」、JTBトラベルギフトのいづれか選んだほうが、抽選であたるキャンペーン(12/4まで)

>>詳細

 

るるぶトラベルとJTBの宿泊・旅行クーポン(旅行券)配布中!

2019年に入り、ふるさとチョイスで

の取り扱いを開始しています。

2019年もふるさと納税の残る金券・旅行券一覧』の記事にも記載しましたが、2019年になり、金券や旅行券・宿泊券は、各ふるさと納税サイトでの取り扱い数が激減しています。

このるるぶ/JTBのクーポンもいつなくなるかわからないので、欲しいかたはお早めにお申し込みを。

 

ふるさとチョイス以外で開催中のキャンペーン

以下のサイト経由でふるさとチョイスでふるさと納税をすると、表に記載の還元率、ポイントのキャッシュバックがもらえます。

キャンペーン開催サイト還元率
デイリーplus0.5%
dエンジョイパス0.5%
【終了済】ファミマTカード2.5%

 

それでは、それぞれのサイトのキャンペーンをもう少し細かくご紹介します。

デイリーPLUSの0.5%還元キャンペーン

デイリーPLUS
付与ポイント寄付の0.5%
ポイントの使い道デイリーPLUS内での使用か、WAON、nanacoなどの各種ポイントやクオカードへの交換
会費月540円

デイリーPLUSは、クーポンや入場券、チケットを割引価格で購入できるサイトです。

そして、このデイリーPLUS経由で利用できるものの1つに『ふるさとチョイス』もあります。還元率は、寄付の1%分。

ポイントの使い道は多くありますが、月会費が540円かかりますので、『ふるさとチョイス』だけの利用ではもとを取るのは難しいです。

このため、デイリーPLUSを使って、割引価格で購入したいクーポンや入場券、チケットがある場合のみ、利用すればよいかと思います。

 

dエンジョイパスのキャンペーンで0.5%還元

dエンジョイパス
付与ポイント寄付の0.5%
ポイントの使い道ドコモの支払いや、提携企業の支払いに利用可能
※主に1ポイント=1円
※提携企業はローソン、ファミマ、マクドなど多岐にわたる>>対象企業一覧
会費月500円
※最初の30日無料

dエンジョイパスを利用すると、寄付額の0.5%分のポイントが手に入ります。

ただ、

  • dポイントの使い道がそれほど多くない
  • 月500円かかる

というデメリットがあります。ふるさとチョイスへの寄付のためだけに入会するのはおすすめしません

dエンジョイパスのサービスの内容をチェックしてみて、ご興味がある場合のみ利用すればよいかと思います。

 

ファミマTカードのTポイント還元キャンペーン

ファミマTカード
付与ポイント寄付の2.5%(Tポイント)
ポイントの使い道ファミマ、TSUTAYAほか、ふるさとチョイスでの寄付
会費無料

ファミマTカードを使ってふるさとチョイスで寄付をすると、20000円ごとに500円分のTポイントをプレゼントするキャンペーンを行っていました(2017年)。

また、20000円の寄付をした人の中から抽選300名に1000円分のTポイントをプレゼントするキャンペーンも実施していました(2018年)。

ただ、いずれも2019年の現在は終了しています。

でも、1年に1回のペースでキャンペーンは行われていますので、今後に備えてファミマTカードを作っておくのはありかと思います。

キャンペーンがない現在でも、ふるさとチョイスでファミマTカードを使ってクレジットカード払いをすれば、寄付の0.5%分のTポイントがもらえますので。

 

(参考)ふるさとチョイスはポイントサイト経由で寄付してポイントをもらうことはできません

さとふるや楽天のふるさと納税、ふるさとプレミアムなどは、ポイントサイトを経由することで、寄付でポイントをもらうことができます。

でも、ふるさとチョイスはどのポイントサイトを経由しても残念ながらポイントはもらえません

 

ふるさとチョイスを使うなら、寄付にも使えるTポイントが貯めるTカードの利用がおすすめ

ふるさとチョイスは、クレジットカード払いに『Yahoo!公金払い』という仕組みを使っています。

そして、この『Yahoo!公金払い』を使っているため、ふるさと納税の支払いをTポイントですることができるんです!

Tポイントには、『期間限定ポイント』という『一定期間に使わないと消滅してしまうポイント』があるんですが、その『期間限定ポイント』も寄付に使えます

そして、Tカードであれば寄付でTポイントを貯めることもできます。

ふるさと納税でTポイントをためて、貯まったTポイントで寄付をして……、と繰り返していけるんです。

特に、

年会費無料なのでおすすめです。それぞれ比較すると、

というメリットがあるので、お好きな方をお選びください。どちらも、寄付の0.5%分のTポイントが貯まりますので。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました