ふるさと納税のおすすめクレジットカード 楽天カードの特徴と手続きを解説

せっかくふるさと納税するなら、少しでもお得に利用したい。

そういう人に一番おすすめなクレジットカードが、楽天カードです。

ぱんだくん
ぱんだくん

どうして?

 

れっさーくん
れっさーくん

無料なのに、楽天のふるさと納税で、寄付額の4%も還元してくれるからだよ!

楽天カードを持っていると、楽天のふるさと納税でポイントがガンガン貯まります。

たとえば、こんな具合です。

例)楽天のふるさと納税で4万円寄付した場合にたまるポイント

楽天カードがある場合

4万円 × 4% = 1600円相当

楽天カードがない場合
4万円 × 1% = 400円相当

楽天カードは、持っているだけで1200円分多めにポイントがもらえるんです。

・・・・・・お得じゃないですか?

 

私の場合、『持ってるだけで得になるなら、とりあえず作っちゃえ』って感じで作りました。
実際、作って得しているので、正解でした。今回は、この楽天カードの特徴と手続きの流れ・注意点をご紹介します。

ざっくり紹介!ふるさと納税の時に楽天カード持っているとお得な理由

れっさーくん
れっさーくん

楽天カードには、こんなお得なポイントがあるんだ。

  1. 完全無料
  2. 使った額の4%がポイントとしてもらえる
  3. ためたポイントは買い物や旅行で手軽に使える
  4. 会員数1200万人以上。10人に1人が持っている

 

楽天カードのポイント① 年会費・入会金が完全無料

楽天カードの年会費は、よくある『最初の1年だけ無料』とかいうがっかりするものじゃあありません。

年会費も入会費も完全無料です。

ずっと持っていても、一切年会費などのお金が発生しません。ありがたい。

 

楽天カードのポイント② 楽天で使った額の4%がポイントとしてもらえる。もちろんふるさと納税でも!

楽天カードを使うと、楽天のふるさと納税でポイントがたまるのはもちろんのこと、他の場面でもガンガンポイントが貯まります。

たとえば・・・

  • 楽天での買い物→4%
  • 楽天トラベルでの旅行→2%
  • 普通にお店でクレジットカードとして使う→1%

どれでもポイントが貯まっていきます。

私の場合、普段の家賃やガス料金もこのカードから自動で落ちるようにしています。
こうしておくと、普通に生活しているだけでポイントが貯まります。

感覚的には、だいたい1万円分貯まるのに半年くらいですかね。この間、最初にカードを発行した以外、たいしたことはしていません。

 

カードを作って普通に生活しているだけで、気づいたらポイント貯まっていました。

 

楽天カードのポイント③ ためたポイントは買い物や旅行で手軽に使える

せっかくポイントを貯めても、そのポイントが使えるところが少なかったら意味ないですよね?
その点、楽天カードは問題ありません。

  • 日用品購入
  • 本の購入
  • 旅行

 

楽天の様々なサービスで利用できます。

 

【使えるサービス一例】

  • 日用品購入: 【楽天市場】  
  • 本の購入 : 【楽天ブックス】
  • 旅行   : 【楽天トラベル】

 

私の場合、楽天トラベルを利用した旅行に使っています。この前の11月にも伊豆に旅行に行って来ました。

金目鯛を食べて、温泉にゆったり浸かって、ほんと癒やされました・・・。宿代はポイントで全部払ったので完全にタダです。

楽天カードを持っているだけで、半年に1回ホテルに泊まれちゃうくらいポイントが貯まっちゃっています。お得です。

 

楽天カードのポイント④ 会員数1200万人以上。10人に1人が持っている

楽天の公式発表によると、2016年1月時点ですでに1200万人が楽天カードを持っているようです。

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)と楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、楽天カード会員数が1,200万人(2015年11月時点)を突破しましたので、お知らせいたします。
楽天の公式リリースより

 

つまり、日本人の10人に1人が楽天カードを持っていることになります。いまはその時よりもさらに会員数を伸ばしていますから、持っている人はもっと多いと考えられます。

楽天カードは、それだけ人気があるカードです。

 

楽天カードのポイントまとめ

楽天カードはこのような特徴があるカードです。

  • 完全無料
  • 使った額の4%がポイントとしてもらえる
  • ためたポイントは買い物や旅行で手軽に使える
  • 会員数1200万人以上。10人に1人が持っている

 

無料なのに、ポイントがガンガンもらえる。
もらったポイントは手軽に色々なことに使える。

こんなカードですから、みんな持っているんでしょうね。とりあえず持ってて損することないですから。

 

では、この楽天カードを手に入れるには、どのような手続きをすればいいのでしょうか。

実は、楽天カードの手続きはインターネットでポチポチするだけです。かなりサクッと終わります。長くても15分くらいです。

 

ただ、一応審査もあるので、そこを通るためのコツを含めて楽天カードの手続きをこれからざっくり説明していきます。

 

【図解】楽天カードの手続きの流れ

楽天カードの手続きの流れは、大きく分けて次の5つのステップに分かれます。

【楽天カードの手続きの流れ】

  1. 基本情報の入力
  2. 勤務先情報入力
  3. 楽天会員登録
  4. 口座情報の入力
  5. 楽天の規約への同意確認

 

1つずつ解説していきます。

まず、楽天カードの公式ページを開いてください。
 >>楽天カード

開きましたら、次のステップに進みます。
※別窓で開くので、都度このページを見返しながらすすめてください。

 

① 基本情報の入力


楽天カードページに移動できたら、『楽天会員ではない方』をクリックします。

ここでご紹介するのは、楽天会員登録をしていないかたの流れです。楽天会員登録済のかたは、『楽天会員の方』をクリックしてください。

なお、ここでは『楽天会員ではない方』向けに流れを説明しますが、楽天会員登録済の方もいくつかステップが省略されるだけで、基本は同じ流れです。

 

クリックすると基本情報を入力する画面になりますので、順次情報を入力していきます。


■ブランド
MasterCardかVISAかJCBから選びます。特にこだわりがなければ、VISAが一番どこでも使えるので、VISAにしておけばいいと思います。

■カード選択
デザインを選びます。
楽天カードと楽天カードPINKとありますが、どちらも年会費、入会費無料です。
楽天カードPINKは後々、有料のオプションサービスをつけることもできますが、付けない限り無料ですので、好きなデザインの物を選べばOKです。

■暗証番号
カード利用時に必要となる4桁の暗証番号を入力します。

 

 

次に、名前と性別、生年月日を入力します。

このあたりは迷うことはないと思います。
続けて、電話番号を入力します。

PCか携帯・スマホのメールアドレスを入力します。YahooやGmailなどのフリーメールでもOKです。

楽天カードからのお知らせを受け取るかを入力します。いちいちメールが届くのが邪魔なら『受け取らない』で。

住所を入力します。

家族構成を入力します。

  • 配偶者・子供の有無
  • 世帯人数(同居・別居関係なく、同じ生活費で暮らしている人数です。この人数には本人も含みます)

 

住んでいる家の情報を入力します。

  • 居住状況:持ち家か、借家か
  • 居住年数:いまの家に住んで何年か
  • 住宅ローンの支払いがあるかどうか

 

次に、勤務先の情報を入力します。

  • 自営業、家賃収入でも収入がある場合は『お勤めのかた』
  • 収入がない場合は『お勤めされていない方』
『お勤めされていない方』にすると必ず落ちる、というわけではないのでご安心ください。
基本的に楽天カードはかなり作りやすいクレジットカードなので。

 

次に、カード入会後の利用目的を入力します。学生のかたや収入がないかたは『普段のお買い物等に利用』を選びましょう。

 

 

自動リボサービスの申し込みをするかどうかを選びます。

リボサービス(リボ払い)とは、分割払いのことです。申し込むと、楽天カードの支払いがすべてリボ払いになってしまいます。

リボ払いは金利がかかってくるので、基本的には『申し込まない』にしておくのがおすすめです。

 

次に、リボ払いの支払いコースや借入状況を選びます。

■ショッピングリボお支払いコース
リボ払い(分割払い)をする際、何円ずつの分割払いにするか、です。『指定しない』でOKです。

■他社からのお借り入れ金額
キャッシングなどで借りているお金があれば入力します。このお借り入れ金額には、銀行から借りている金額や住宅ローンは除きます。

 

家族カード、ETCカードを同時に申し込むかを入力します。

■家族カード
家族も同時に楽天カードを作る場合以外は『申し込まない』でOKです。

■ETCカード
楽天のETCカードは年会費がかかるので、特に使う予定がなければ『申し込まない』を選択。
もし必要になれば、あとから申し込むこともできます。

 

Edy機能をつけるかどうかを入力します。

■Edy機能
事前にお金を入れておくと、そこから支払うことができるプリペイド機能を使うかどうかです。
『希望しない』でOKです。

※数年前は付帯させるのに手数料がかかりましたが、2017年4月現在は無料なので、使う予定があれば『希望する』にしてもいいと思います。

 

基本情報の最後です。引き落とす金融機関を選びます。

すべて終わったら、『次へ』をクリックします。

 

② 勤務先情報入力

基本情報のところで、『お勤めしている方』『お勤めしていない方』のどちらを選ぶかで変わります。

 

基本情報のところで『お勤めしている方』を選んだ場合

勤務先情報入力します。なお、勤務先の電話番号を記入しますが、勤務先に電話がかかってくることはまずありません。

 

職業、業種を選び、『次へ』を押します。

基本情報のところで『お勤めされていない方』を選んだ場合

主夫か、家事手伝いかといった情報を入力していきます。

③ 楽天会員登録

ここまでで入力した内容を元にデータが自動入力されていますので、間違いがないか確認します。

次に、楽天会員パスワードを入力、ニュースを受け取るかどうかを選びます。

■楽天会員パスワード
半角英数字で6文字以上のパスワードを設定します。
楽天のマイページにログインする際に使用するので、忘れないようにしてください。
 
■楽天会員ニュース
楽天からのセール情報などのメールを受け取るかを選びます。『受け取らない』でOKです。

 

④ 口座情報の入力

楽天の情報入力が終わったので、ここからは各銀行口座の情報を入力していきます。

銀行口座情報が入力できたら、『次へ進む』をクリックします。

 

⑤ 楽天カードの規約への同意確認

最後のステップです。楽天カードの規約への同意を求められるので、『同意をする』にチェックを入れて『楽天カードの申し込みを完了する』を押せば終了です。

この後、数日以内にメールで審査の結果が送られてきます。私の場合は、1時間もかからずに合格通知がきました。

爆速です 笑
手元に楽天カードが届くのは、そこからだいたい1週間後くらいです。

 

以上で登録は終了となります。

無料だし、楽天カード作ってみようかな?というかたはお早めに申し込んでみてください。入会するだけでポイントがもらえるキャンペーンが終わってしまうかもしれないので。

▼楽天カード公式サイトへ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました